マキノ町メタセコイア並木道

道のホームページ

「生きている化石」メタセコイアの続くマキノ町の並木道

メタセコイアで日本で一番有名な場所はやはりここでしょう。車で走ることができるメタセコイア並木道だと石川県の太陽が丘や河北潟(かほくがた)干拓地などがあるが、最大規模はここで間違いないんでしょうな。太陽が丘は行ったことがないが、河北潟干拓地よりは確実に長い。だが河北潟の方はあれはあれで非常に画になるとは思いますけどね。
滋賀県道287号の一部で両側2車線道路。駐車場は途中にあるマキノピックランドの駐車場(無料)を利用するようです。並木道内は駐停車禁止の看板があちこちにあったんで、歩いて散策するのが一番でしょうね。
マキノ町は今では高島市マキノ町だけどかつては高島郡マキノ町という形で、単独の自治体だったようだ。全国で初めてカタカナを使った自治体だったが、前述したとおり高島市になってしまったので、2019年時点では北海道虻田(あぶた)郡ニセコ町と山梨県南アルプス市の2つだけになっているようです(かつては沖縄県コザ市もあったが、沖縄市になり消滅)。

勝手に独断と偏見で道の評価(かなり適当です)

景色 :8
道路の状態 :7
道の長さ :2
総合 :8

走行動画

メニュー